脱毛器ケノンが革命を起こす! - 家庭用脱毛器「ケノン」公式ショップ

脱毛通販グループエムロックより脱毛界に革命起こすマシンが誕生。新世代脱毛器【ケノン】の公式サイト脱毛通販グループエムロックより脱毛界に革命起こすマシンが誕生。

安心と信頼の東京オペラシティ会社概要はコチラ

エムロックグループは楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー 百貨店・総合通販部門6年連続受賞!

0120-917-808

通話無料・携帯からもOK平日 12:00~19:00

ケノンの注文ページへ

お問い合わせ 平日12:00~19:00

脱毛器ケノンのテーマ別利用者レビュー

ぜひご覧ください。気になる項目をクリック!!

ぜひご覧ください。気になる項目をクリック!!脱毛器ケノンのテーマ別利用者レビュー



送料無料

代引き手数料無料
配達日時指定無料

最短明日から脱毛できる 全国超速出荷!

只今のご注文で

 

到着予定です。

※16時迄の注文/在庫状況により
お時間がかかる場合がございます。

 

脱毛器の違い


 


レーザー脱毛
サロンで脱毛
自己処理
ケノン


公式ショップの信頼性

アイコン
     

ニードル脱毛の仕組みについて

  ニードル脱毛の仕組みについて

ニードル脱毛って何?

ニードル脱毛はケノンのようなフラッシュ式脱毛やレーザー式脱毛が誕生する以前、「脱毛と言えばニードル」という位に業界における標準的な施術法でした。

施術方法は毛穴に電気針を刺して1本1本電気で処理するものとなり、大きな痛みや刺激が伴うやり方となります。

実際ニードルをされた方の大半が、痛みを理由に途中で断念される事は珍しくなく、継続するには相当な忍耐力と精神力が必要であると言われていました。

また、エステティシャンの技量によって処理に差が生じやすく、経験が浅い人が担当であった場合は肌トラブルを引き起こしてしまったり、多くの時間を要してしまう事もありました。

  ニードル脱毛の仕組みについて

高額な費用

ニードル脱毛は1本ずつ処理する為、1本幾ら、30分幾ら、といった具合に高額な単価計算となります。

標準的な方でも一箇所施術するだけでも数十万円掛かる事も珍しくなく、特に毛が密集して量が多い方ですと更に高額になってしまいます。

全身脱毛をする為にはお給料×○○ヶ月分という事が言われ、誰もが簡単に出来るものではありませんでした。

その為、痛みや時間、高額な費用が足枷となり、現在では殆ど見かけなくなった手法と言えます。

ケノンのようなフラッシュ式脱毛器は、1度に数十本以上処理出来る為、ニードル脱毛のように時間が掛かる事もなく、お肌に対する刺激や負担も驚く程少なく、安心してご利用頂く事が出来ます。

費用面においても当時とは比較にならない程リーズナブルに、かつご自宅で好きな時間に処理出来ます為、多くの皆様にご愛用頂けております。

     

ニードル脱毛の仕組みについて

  ニードル脱毛の仕組みについて

ニードル脱毛って何?

ニードル脱毛はケノンのようなフラッシュ式脱毛やレーザー式脱毛が誕生する以前、「脱毛と言えばニードル」という位に業界における標準的な施術法でした。

施術方法は毛穴に電気針を刺して1本1本電気で処理するものとなり、大きな痛みや刺激が伴うやり方となります。

実際ニードルをされた方の大半が、痛みを理由に途中で断念される事は珍しくなく、継続するには相当な忍耐力と精神力が必要であると言われていました。

また、エステティシャンの技量によって処理に差が生じやすく、経験が浅い人が担当であった場合は肌トラブルを引き起こしてしまったり、多くの時間を要してしまう事もありました。

  ニードル脱毛の仕組みについて

高額な費用

ニードル脱毛は1本ずつ処理する為、1本幾ら、30分幾ら、といった具合に高額な単価計算となります。

標準的な方でも一箇所施術するだけでも数十万円掛かる事も珍しくなく、特に毛が密集して量が多い方ですと更に高額になってしまいます。

全身脱毛をする為にはお給料×○○ヶ月分という事が言われ、誰もが簡単に出来るものではありませんでした。

その為、痛みや時間、高額な費用が足枷となり、現在では殆ど見かけなくなった手法と言えます。

ケノンのようなフラッシュ式脱毛器は、1度に数十本以上処理出来る為、ニードル脱毛のように時間が掛かる事もなく、お肌に対する刺激や負担も驚く程少なく、安心してご利用頂く事が出来ます。

費用面においても当時とは比較にならない程リーズナブルに、かつご自宅で好きな時間に処理出来ます為、多くの皆様にご愛用頂けております。

ニードル脱毛は施術者の技術によって結果が変わる?

強烈な痛みはありますが、結果が得られやすいと言われるニードル脱毛。はたして誰でも同じように満足出来る結果となるのでしょうか。

   
経験、技術の差が生まれやすいって本当?

ニードル脱毛の資格とは

経験や技術力が問われる方式であり、医療の技術と誤解されることも多いのですが、実は公的に設けられた資格などは一切存在しないんです。

そのため、全く経験がなく技術が低い人間でもすぐに開業・施術が出来てしまいます。

しかし、本来であれば高い技術や知識が求められるため、アメリカなどの諸外国では認定制度が確率されています。

AEA(アメリカ電気脱毛協会)

電気脱毛技術者の質を管理する組織が設けているCPEという認定制度です。

CPEとは認定電気脱毛士の略称で、AEAが認定した優秀な電気脱毛士に与えられる称号です。

この認定電気脱毛士の資格は、アメリカだけでなく世界的に最も信頼される認定資格と言われています。

つまり、世界的に見ると、一定水準の技術を持った人間でないとニードル脱毛を行うに相応しいと認められないということです。

日本ではどうでしょうか?

残念ながら日本ではここまでの認識を、施術する側も、施術を受ける側も持っていません。

身近な例を見てみましょう。

例えば外科医や歯医者にも上手い・下手があります。

その技量の差によって術後の経過も変わってくることは有り得ます。

良くなるどころか、悪化してしまうこともあるのではないでしょうか。

医師や歯科医は当然、国家資格を持っています。

厳しい国家資格を取得しているにもかかわらず、差異は生まれてしまうのです。

これがもし、資格のいらないものだったらどうでしょう。

ニードル脱毛は人の技術や経験値が必要とされる手法にもかかわらず、日本にはその技術レベルを確認する基準がないのです。

そうなるとお店が言ってることを信じるしかありませんので、どのお店が大丈夫で、どのお店が不安か、運次第ということになってしまいます。

高いお金を払っても駄目だった、という事態を避けることは非常に難しいのが現状です。

ケノンご注文ボタン