【テーマ別レビュー】

0120-917-808(平日12時-19時)平日16時迄注文で当日発送

※電話番号をタップすると電話が繋がります。

日本の脱毛の歴史

  日本の脱毛の歴史

脱毛の始まりは江戸時代!?

日本の脱毛の歴史はなんと江戸時代にまで遡ります。

なんと頭髪の生え際の形を整えるという目的での脱毛は平安時代からあったそうです。ただ、これは現代のムダ毛処理とちょっと違うので除外します。

話は江戸時代に戻りまして、この時代にすでに手足の脱毛が行われていたという記録があります。

更に驚くべきことに、アンダーヘアを線香で焼き切るというケアまで行われていたそうです!

『そんな昔から!?』と驚きますが、いつの時代も日本人のムダ毛というのは美意識に反するという証明でもあります。

  日本の脱毛の歴史

明治から19世紀の脱毛

明治時代は非科学的な脱毛方法が流行っていたようで、ずいぶんお肌を痛めた人も多かったようです。

無理してでも脱毛をしたいという気持ちは今も昔も変わらなかったようです。

そこから様々な脱毛技術が生み出され、日本では1960年代からワキ脱毛を中心に、身だしなみとして脱毛をするのが当たり前になっていきます。

エステや医療から家庭用脱毛器の時代に

当時はまだまだ医療やエステでの脱毛は高額でしたし、予約などの面倒は今と変わらずありました。

そこで1990年代に目立ち始めたのが家庭用脱毛器。

しかし当時の家庭用脱毛器はまだまだ性能が低く『エステに通えない人のもの』という印象が強いものでした。

海外で開発されたものをベースに作られたものが多く、日本人の肌にマッチしなかったということもあるようです。。

その状況が一変したのが2010年代。

国産のフラッシュ式脱毛器が開発され、その第2世代としてケノンが登場しました。

ケノンは脱毛器の歴史を塗り替え続けています

ケノンが登場して以来、家庭用脱毛器は『エステを諦めてた人の選択肢』ではなく、『早く結果を出したい人の脱毛方法』として広く知られることになりました。

事実、発売以来ユーザー様から高い評価を頂き続けており、エステやクリニックから乗り換えるお客様も急増。

現在も多くのショッピングモールで1位を獲り続けています。

その背景には、脱毛ニーズが若い人にも広がっている状況があります。

家族や友達とシェアできるケノンのコストパフォーマンスや処理のスピードは、エステやクリニックでは得られないものです。

ケノンご注文ボタン