ほくろのある肌の写真



ホクロには使えるの?避けて使う方法は?


更新
公開



シェア シェア シェア



ケノンはホクロに照射可能ですか?



ホクロには使用しないでください。

強い刺激を感じる可能性があります。

エステサロンなどで行っているフラッシュやレーザーについても同じであり、やはりホクロの上からは照射をしておりません。

ケノンで照射を行う際には気を付けてください。







ホクロ周りへの使用方法



要は黒い部分にフラッシュを当てないようにすれば良いのです。

「サージカルテープ」「スポーツテーピング」を使う

ほくろを隠すためのテープ



サージカルテープとは、よく医療現場などで使われるガーゼなどが剥がれないように周囲に貼るためのテープです。

スポーツテーピングは、スポーツ選手が補助の目的で貼っているテープです。

↓普段はこういう使われ方をしているテープですね。

テーピングイメージ



両方とも、ドラッグストアなどで手に入るかと思われます。

カラフルなテープなども売られていますが、必ず「白」か「肌色(白に近いもの)」を選んでください。

テープをホクロのサイズに小さく切り、ホクロの上に貼りつければ黒い部分が見えなくなります。

透けて見えるような薄いものを買ってしまった場合には、2重3重に貼り付け、黒く見えないようにしてください。

隠せるならば何でもいいと考えてしまうユーザー様も多く、「修正液」「コンシーラー」などを使う人もいますが、真似しないでください。

液体や粉が機器に入り込んで故障した場合などは、保証対象外となります。

シールも色々とありますが、肌へ貼ることを前提としたサージカルテープやスポーツテーピングが肌にも優しくておすすめです。







ホクロの他に使ってはいけないところ



ホクロと一緒に多く質問を頂くのは「タトゥー(刺青)」と「シミ」と「肝斑」です。

これらも使用禁止部位です。

ホクロと同じように、避けるか、隠してからご利用ください。







誤射してしまった場合



すぐによく冷やしましょう。また、念入りな保湿をしてください。

強い日差しを浴びたり、ゴシゴシとこするなど、お肌に刺激が強いことは、しばらく避けてください。







記事一覧に戻る



このページをシェア

ケノン公式ショップ

2020 © Arrow Eight inc.